Fantomの概要 Ethereum互換性を持ちDeFi(分散型金融)に注力しているスマートコントラクトプラットフォーム

目次

  • 前提
  • Fantomの基本概要
  • コンセンサスメカニズム Lachesis Consensus
  • ネイティブトークンFTMの概要
  • DeFi(分散型金融)に最適化されたレイヤー1特有の機能
  • 総論

前提

本レポートでは、Fantomの概要について解説します。
FantomはDAGベースのスマートコントラクトプラットフォームです。分散性・スピード・セキュリティを満たしながら、Ethereumのスマートコントラクト開発ができるEVM互換性も備えています。またレイヤー1でありながら、アプリケーションレイヤー、特にDeFi(分散型金融)のサービスを補助するような様々な設計がされていることも特徴です。
Fantom自体は2018年にICOが行われ、決して新しいプロジェクトではないですが、2021年頃からいくつかのプロダクトや著名開発者がFantom上で開発をはじめ、存在感を高めつつあります。
今回のレポートでは、Fantomの基本概要、コンセンサスメカニズムLachesis Consensusの基礎的な解説、DeFi(分散型金融)に最適化されたレイヤー1スマートコントラクトプラットフォーム特有の機能などを紹介します。また、ネイティブトークンFTMについても取り上げます。

このレポートはBasicプラン、法人会員限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録するか、法人契約を行うことで続きをお読みいただけます。