スポーツ業界におけるブロックチェーンを利用した取り組みの概観

目次

  • 前提
  • 契約のトークン化することによるSTO
  • クラブのファントークンを発行することによるエンゲージメントの向上
  • ブロックチェーン上で来歴管理されたグッズの販売
  • 総論

前提

スポーツ業界におけるブロックチェーンを利用した取り組みの事例が増加しています。
米国やヨーロッパのスポーツ業界では、クラブにシリコンバレーのVCが投資をしたり、選手が投資活動やVCファンドを始めたり、スポーツエンターテイメントをテーマにするテック企業が台頭するような流れがあり、スポーツ業界においてもブロックチェーンを利用した取り組みを始めることは自然の流れであるとも言えます。
また、ヨーロッパの複数国では、試合の結果に対して賭けをするスポーツベッティングも歴史的に親しまれており、最近はモダンなモバイルアプリの形でリリースされています。これらの事柄からもブロックチェーンのアプリケーションと相性が良い土台が十分に整っていると感じられます。
本レポートでは、2020年1月時点での、スポーツ業界におけるブロックチェーンを利用した取り組みの事例の概観をします。

このレポートはProプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Proプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。