Crypto.comはクリプト時代の新しい銀行を作れるか

目次

  • 前提
  • Crypto.comの未来像
  • アプリ内ではチャレンジャーバンク的なUIが目立つ
  • デュアルトークンモデルだが、CRO一本化か
  • Crypto.com Chainの概要
  • 総論

前提

本レポートでは香港・スイス拠点の「クリプトバンク」とも形容できるCrypto.comの概要、トークンモデル、独自チェーンの概要をまとめます。ここでは独自トークンであるMCOCROにも触れていきますが、投資助言ではない点は予めご了承ください。
Crypto.comは旧称Monacoで、MCOトークンの売り出しにより2017年6月に約27億円を集めており、資金が集まりやすいタイミングでICOを行い、そのときの資金で生き残っているチームの一つと言えるでしょう。
Crypto.comは時価総額がCRO28位、MCO64位とそれなりに高い割には知名度が低いですが、「既存金融とクリプトの折衷案ともいえるプロダクトを出している特徴的なプロジェクト」です。

このレポートはBasicプラン、法人会員限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録するか、法人契約を行うことで続きをお読みいただけます。