Humanity DAOの概要・設計。コミュニティで管理をするアイデンティティシステムとは

目次

  • 前提
  • Humanity DAOが目指すコミュニティで管理をするアイデンティティシステム
  • Humanity DAOの基本設計
  • トークンのディストリビューション
  • Humanity DAOのTCRの設計として優れている点と改良すべき点
  • 総論

前提

本レポートでは、Humanity DAO(参照:https://humanitydao.org/)の解説をします。
Humanity DAOは、コミュニティでガバナンスを取り、アイデンティティ・IDシステムを作ることを目指したプロジェクトです。信頼出来る人かどうかの確認(与信システム)、確かに存在をする人かどうかの確認(IDシステム)は、ある特定の信頼できる機関を頼って、行なわれていました。
Humanity DAOでは、ゲーム理論を利用した投票を利用し、信頼できる人、確かに存在をする人の情報をブロックチェーン上に記録することを目指しています。
同プロジェクトは、2019年5月にメインネットでローンチをしたばかりの実験的なプロジェクトですが、設計からは示唆を得ることができる部分があるため、レポートとして取り上げます。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。

タグ