2019Q1にローンチをするMimbleWimbleを実装した2つの暗号通貨、GrinとBeamの基礎的な紹介

目次

  • 導入 2019Q1にローンチをするMimbleWimbleを実装する2つの暗号通貨
  • MimbleWimbleの実装は、従来と全く違うブロックチェーン
  • MimbleWimbleの歴史
  • MimbleWimbleのアーキテクチャ
  • MimbleWimbleの特殊性
  • アドレスが存在しないブロックチェーンでユーザー体験はどのようになるのか?

導入 2019Q1にローンチをするMimbleWimbleを実装する2つの暗号通貨

2019Q1に、MibleWimbleという技術を実装した2つの暗号通貨、GrinとBeamがローンチをします。
MimbleWimbleはスケーラビリティと匿名性の両方を解決する技術として、ビットコインコミュニティで数年研究されてきました。
それぞれ2つのコインは、どちらもICOの販売はなく、2019Q1にマイニングによってスタートします。
本レポートでは、MimbleWimbleという技術の基礎的な概要の理解をすることを試み、そしてそれを実装するGrinとBeam、2つの違いについて解説します。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

※免責事項:本レポートは、いかなる種類の法的または財政的な助言とみなされるものではありません。

タグ