「RWAプロトコル」特集|4月8日~4月21日の期間限定レポート

目次

  • より多くの人に暗号資産・ブロックチェーンの知見を届けるために
  • 「RWAプロトコル」特集|4月8日~4月21日の期間限定レポート

より多くの人に暗号資産・ブロックチェーンの知見を届けるために

HashHub Researchでは期間限定で一部レポートを無料会員様向けに公開しています。
HashHub Researchは暗号資産とブロックチェーンを専門領域にしている有料の会員制リサーチサービスです。この業界のリーディングリサーチプロバイダとして、多くの企業会員と個人会員にご利用いただいています。
ブロックチェーン関連の情報は雑多で、深くインサイトのある情報源は限られますが、私たちHashHubは暗号資産とブロックチェーンに特化した企業であり、さまざまな知見を凝縮してリアルタイムでレポートをお届けしています。また有料で展開することにより専門のリサーチチームを内製し、高クオリティの情報をお届けすることができています。
しかし有料会員の仕組みを用いていることによって、情報を届けられるのが限定的なコミュニティになっていることもまた事実です。そこで、よりブロックチェーンの面白さを伝えることや、日本国内のブロックチェーンに取り組む企業の知見の支えになれるよう期間限定公開レポートの仕組みを始めます。
期間限定公開レポートは、毎月第二金曜日と第四金曜日に更新されます。各レポートはHashHub Research内で過去に配信されたレポートから、今もう一度読んでおくべきトピックなどを厳選して、2週間公開します。次の期間には新しい期間限定レポートがこのページで更新されます。
限定公開レポートの閲覧、新着の期間限定レポートのお知らせを受けたい方はこちらから無料会員登録してください。

「RWAプロトコル」特集|4月8日~4月21日の期間限定レポート

4月8日~4月21日の期間限定レポートでは「RWAプロトコル」をテーマに特集します。
DeFiにクリプト圏外の資産であるRWA(Real World Assets)を取り込むプロトコルは数年前から存在していますが、ここ数ヶ月続いた市場の冷え込みによってこれまであまり着目されることのなかったRWAプロトコルのパフォーマンスが目立つようになってきました。
執筆時点のDeFiにおけるRWAはレンディング中心であり、例えば不動産ローンや売掛金、インボイスなどの現実社会の資産を担保に資金の貸し出しをオンチェーンで実行できることを特徴としています。代表的なRWAプロトコルであるCentrifuge($128M/$248M)、maple finance($228M/$516M)、TrueFi($127M/$337M)、Goldfinch Finance($15M/$339M)を合わせても時価総額$1B未満とまだまだ小さな市場です。
※上記()は(時価総額/完全希釈化後時価総額)を表します。数値は執筆時点のCoinmarketcapを参照。

出典:https://www.maple.finance/borrow
しかし、Maple Financeのようにプラットフォームを介してAlamedaやWintermute、Framework Venturesなどに対して$1.1Bを貸し付けるほどに成長していること、またMapleは事前契約によってキャッシュフローを維持していることを踏まえると、クリプト市場が冷え込んでいる時にはアウトパフォームする可能性もあり、それらが一部の投資家を惹きつけているものと考えられます。

出典:https://www.coingecko.com/en/coins/maple
実際にここ数ヶ月のMPLの取引高は増加傾向にあり、パフォーマンスが向上しています。
この市場に今後の成長余地があるのか否かは現段階では筆者にもわかりませんが、既存のRWA市場の規模感を鑑み、のちにこれらがアダプションする可能性を見出すならば今の市場規模を初期段階として捉えることもできるでしょう。
その際に鍵となるのは特定の法域下で管理されているRWAと繋がることによって課される法的構造への対応にあると筆者は感じています。例えばスマートコントラクトだけでは制御できない領域の権利執行能力をどのように担保するのかといった点や、KYCの必要性からオンボーディングに摩擦が生じ、スケールしづらい(競争上不利)といったピュアなDeFiと比較した際に際立つRWAプロトコルならではの弱点はいくつか挙げられます。
今回の特集記事ではRWAとDeFiを繋ぐ代表的なプロトコル、CentrifugeとMapleFinanceに関するレポートを無料会員様向けに期間限定で公開致します。また今回の無料公開の対象にはなりませんがHashHub ResearchではTrueFiやGoldfinchに関するレポートも公開しております。そちらも合わせてRWAプロトコルの理解を深めるためにご参考いただければと思います。

【免責事項】
HashHub Researchで配信される全てのレポートは、投資を助言または推奨するものではなく、情報提供と教育のみを目的としています。私たちのサービスを利用したことによる利用者の不利益や投資の損失については一切の責任を負えないことをご了承ください。お客様が本レポートで参照される暗号資産または関連するアセットに関して投資判断を行う場合は、事前にご自身でリサーチ及びデューデリジェンスを実施していただく必要があります。
【有料関連レポート】

【4月8日~4月21日の期間限定公開レポート一覧】