「成長が垣間見えるRWA(Real World Assets)市場」特集

目次

  • 「成長が垣間見えるRWA(Real World Assets)市場」特集

「成長が垣間見えるRWA(Real World Assets)市場」特集

DeFiにクリプト圏外の資産であるRWA(Real World Assets)を取り込むプロトコルは数年前から存在していますが、ここ数ヶ月続いた市場の冷え込みによってこれまであまり着目されることのなかったRWAプロトコルのパフォーマンスが目立つようになってきました。
執筆時点のDeFiにおけるRWAはレンディング中心であり、例えば不動産ローンや売掛金、インボイスなどの現実社会の資産を担保に資金の貸し出しをオンチェーンで実行できることを特徴としています。代表的なRWAプロトコルであるCentrifuge($128M/$248M)、maple finance($228M/$516M)、TrueFi($127M/$337M)、Goldfinch Finance($15M/$339M)を合わせても時価総額$1B未満とまだまだ小さな市場です。
※上記()は(時価総額/完全希釈化後時価総額)を表します。数値は執筆時点のCoinmarketcapを参照。

出典:https://www.maple.finance/borrow
しかし、Maple Financeのようにプラットフォームを介してAlamedaやWintermute、Framework Venturesなどに対して$1.1Bを貸し付けるほどに成長していること、またMapleは事前契約によってキャッシュフローを維持していることを踏まえると、クリプト市場が冷え込んでいる時にはアウトパフォームする可能性もあり、それらが一部の投資家を惹きつけているものと考えられます。

出典:https://www.coingecko.com/en/coins/maple
実際にここ数ヶ月のMPLの取引高は増加傾向にあり、パフォーマンスが向上しています。
この市場に今後の成長余地があるのか否かは現段階では筆者にもわかりませんが、既存のRWA市場の規模感を鑑み、のちにこれらがアダプションする可能性を見出すならば今の市場規模を初期段階として捉えることもできるでしょう。
その際に鍵となるのは特定の法域下で管理されているRWAと繋がることによって課される法的構造への対応にあると筆者は感じています。例えばスマートコントラクトだけでは制御できない領域の権利執行能力をどのように担保するのかといった点や、KYCの必要性からオンボーディングに摩擦が生じ、スケールしづらい(競争上不利)といったピュアなDeFiと比較した際に際立つRWAプロトコルならではの弱点はいくつか挙げられます。
RWAについてよりよく学びたい方は以下の関連レポートをご参考ください。
【関連レポート】

※免責事項:本レポートは、いかなる種類の法的または財政的な助言とみなされるものではありません。

タグ