Aelin-パーミッションレスな分散型資金調達プロトコル-

目次

  • 前提
  • Aelinの概要
  • 総論

前提

本レポートは、分散型の資金調達のプラットフォームであり、「暗号通貨版SPAC」とも呼ばれている、Aelinについて概観します。
暗号通貨界隈では従来、VCや大口投資家、インフルエンサーがSeed Roundなどの早い段階でプロジェクトに投資し市場支配力を確立してきました。一方で、時に、VCなどによるトークンの多量保有やインサイダー的な行動は中央集権的と揶揄されることがあります。昨年末にジャック・ドーシーが「Web3.0がVCによって支配されている」と大きく批判を展開したことを覚えている方も多いかと思います。
https://twitter.com/jack/status/1473380683896737813?s=20&t=C5_J8u674y4UAkjl7q2bXg
さて、Aelinはプロジェクトの資金調達において、VCに依存せずに小口の投資家が資金調達の初期段階から関わること、また、資金調達を必要とするプロジェクト側の早期の分散化に寄与することを目的とするプラットフォームです。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ