IoT、AI、ブロックチェーンの組み合わせで得られる潜在的な相乗効果

目次

  • 前提
  • IoTとの相乗効果|中央集権型クライアントサーバーの単一障害点とベンダーロックインの回避
  • AIとの相乗効果|企業の資産からグローバル・コモンズへの転換
  • 総論

前提

本レポートはブロックチェーン、IoT、AIの組み合わせによる潜在的な相乗効果の可能性を解説します。
これらの技術はそれぞれに社会実装による効果が期待される新興技術ではありますが、その期待とは裏腹に乗り越えなければならないいくつかの課題を抱えています。
例えばブロックチェーンであれば透明性と情報の真正性を確保できるという特徴を活かしたトレーサビリティ向上が期待されますが、オフチェーン情報をチェーン上に橋渡しする出入口は単一障害点となります。IoTであれば従来のクライアントサーバーシステムでスマートシティのような大規模実装することの懸念、AIであれば機械学習するための膨大なデータへのアクセスが特定の組織に集中していることの弊害などが挙げられます。
これらの課題は、各々の技術特性を組み合わせることで解消できると認識されており、潜在的な相乗効果が期待されています。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。