スマートコントラクトプラットフォームの競争においてEthereumの競争優位性が失われる時が来るとすればそのきっかけは何か?

目次

  • 前提
  • 現在のスマートコントラクトプラットフォームの競争環境と1960年代におけるコンピュータメーカー市場の状況は似ている
  • スマートコントラクトプラットフォームの競争においてEthereumの競争優位性が失われる時が来るとすればそのきっかけは何か?
  • 総論

前提

本レポートでは、スマートコントラクトプラットフォームの競争でEthereumの優位性が失われるときはどのようなときか?というテーマについて筆者の論考を述べます。
以前に下記のレポートで、スマートコントラクトプラットフォームの現状を俯瞰して、最も主流とされるEthereumも完璧ではなく、他のスマートコントラクトブロックチェーンプラットフォームも決定的なものはなく、独自ブロックチェーンも簡単な選択肢ではないということを説明しました。
*レポート:俯瞰して見るEthereumとその他のブロックチェーンの競争。PoSの移行、Ethereum2.0の難しさ
https://hashhub-research.com/articles/2019-10-17-battle-of-smartcontract-platform
そういった状況のなかでも既存のプラットフォームの中では、スケーラビリティ問題を抱えつつも、開発者ツールの充実や様々なミドルウェアプロトコルが既に存在するEthereumが現状最も支持されているスマートコントラクトブロックチェーンです。
そのうえで本レポートでは、「もしもEthereumの優位性が失われるなら」という仮定で、それは何をきっかけに起きるかについて考察をします。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。