Binanceがハッキングをされて7000BTC流出。中央集権取引所の利用のリスク認識の再確認とロールバック検討の発言から得られる示唆について

目次

  • 前提・Binanceがハッキングをされて7000BTC流出
  • 今回のハッカーの攻撃手法について
  • 中央集権取引所が100%安全に運営することは出来ない
  • Bitcoinのブロックチェーンのロールバック検討の発言から得られる示唆について
  • 総論

前提・Binanceがハッキングをされて7000BTC流出

2019年5月8日、取引高ベースで世界トップの取引所であるBinanceが、ハッキング被害を受けたことの報道がされました。
被害額は、7000BTCで総額$42M以上(約45億円)ほどになります。
取引所のハッキングとして比較的規模が大きい部類に入るものの、利益体質の同社にとっては、補填するにしても致命的な金額ではないでしょう。
被害の規模は、Binanceの持つユーザー預託資産を含むBitcoinの2%であったと公表されています。
本レポートでは、本件の攻撃手法などを整理するとともに、今回の事後対応として、Bitcoinのネットワークのロールバックも打診をするという発言が出ており(事後に撤回)、それらは考察に値する内容ですので、解説をします。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。